>>> HOME >>> サムシングフォー

サムシングフォー

サムシングフォーとはざっくばらんに説明すると「幸せのおまじない」のことです。 欧米では昔から結婚式当日に何か4つのもの:サムシングフォー(Somethig four)を身につけると必ず幸せになれるという言い伝えがあります。 下記にサムシングフォーにあたる4つの項目について紹介しますので、参考にしてください。

なにかひとつ古いもの:Something Old

サムシング・オールドは祖先、伝統などをあらわすもの持ち物のことです。先祖代々伝わった、もしくはは家族から譲られたイヤリングやネックレス、ピアスなどの宝飾品を当てるのが一般的ですが、母親や祖母の結婚衣裳、または結婚衣裳に使われたヴェールやレース、リボンなどの飾りなどを使用することもあります。

なにかひとつ新しいもの:Something New

サムシング・ニューは、これから始まる新生活をあらわす持ち物のことです。新調したものであればどんなものでも構わないとされていますが、一般的には白いものを用意するそうです。花嫁衣裳の一部である白いサテン製の上靴や長手袋などをこれに当てるケースが殆どで、衣装の時点ですでにサムシング・ニューは揃っていることになります。

なにかひとつ借りたもの:Something Borrowed

サムシング・ボロウは友人や隣人との縁をあらわす持ち物を指します。 幸せな結婚生活を送っている友人や隣人から一時的に持ち物を借りることにより、その幸せにあやかるという意味があるそうです。 借りる品で代表的なものは、ハンカチやアクセサリーなどの日用品であることが殆どです。

なにかひとつ青いもの:Something Blue

サムシング・ブルーは聖母マリアのシンボルカラーである青であり、 青は「青い鳥」同様、幸を呼ぶ色と言われており、忠実と信頼を象徴とする色と言われて、さらに花嫁の純潔や貞操、 清らかさも表しています。もともと青色は古代、女性の慎ましやかさや誠実な心を象徴する色として知られています。 このサムシング・ブルーは目立たない場所につけるのが好ましいとされており、白いガーターに青いリボン飾りをつけたものを用意するのが一般的とされています。 また最近では、指輪の内側にブルーサファイヤを入れたり、ブーケの中にさりげなく青い花を入れたりしています。

サムシング・フォーの正式な由来

この「サムシング・フォー」は次のマザーグースの歌に由来しています。
  • Something old, something new,
  • (なにかひとつ古いもの、なにかひとつ新しいもの)
  • something borrowed, something blue,
  • (なにかひとつ借りたもの、なにかひとつ青いもの)
  • and a sixpence in her shoe.
  • (そして靴の中には6ペンス銀貨を)
この歌は、欧米では日本におけることわざの様に親しまれており、「サムシング・フォー」の習慣も民間に広まっている一般的な風習です。 日本においては近年、ブライダル産業などの喧伝により広く知られてるようになった単語と言えます。

ちょっとした豆知識:ジューンブライド

6月ぶ挙げる結婚式をジューンブライドと言いますが、この言葉の正式な意味を知っている方はそう多くないと思います。 実はこのジューンブライド、様々な説があるのです。下記にその諸説を紹介します。
6月(JUNE)という月名は、ギリシャ神話の主神ゼウスの妃であるジュノーからきているという説がり、このジュノーは結婚・出産を司る女神で、さらに家庭・女性・子供の守護神でもあることから、ジュノーが守り神である6月に結婚することで花嫁がジュノーに守られ祝福されると考えられ、生涯幸せな結婚生活を送れるという説。
その昔ヨーロッパでは、3月〜5月の3カ月間は結婚が禁止されており、6月に結婚が解禁されることから6月になるとカップルが一斉に結婚し、この結婚ラッシュによって1年で最も祝福に包まれる月であったからという説。
ヨーロッパにおいて6月は1年でもっとも降水量が少ない自記で綺麗に晴れた天気が続くため、結婚する季節的環境がベストな月と言われています。さらに復活祭も行なわれる時期なのでヨーロッパ全体が祝福ムードに包まれる月なので、このような背景が転じて6月の花嫁は幸せになれるというようになっ たとする説。
さて、当然このジューンブライドは日本独特の風習ではありませんが、日本でもこのジューンにあやかって結婚するカップルも少なくありません。しかしブライダルの請負・斡旋を業務とする企業にとっては、輸入先である海外ならいざ知らず日本において6月は梅雨真っ只中であるから、結婚に相応しい月であるとは言えないとするところがほとんどだそうです。理由はもちろん、梅雨の影響で会場はもちろん招くお客さんにも不便を招く場合が殆どであるからだそうです。海外の風習にあやかるのもいいですが、もしジューンブライドを日本で行いたいのであれば、週間天気予報にも気を配る必要がありそうですね。
| HOME | SITEMAP | LINK | ページの先頭へ |
Copyright(C)2008 happy-ring. All Rights Reserved.