>>> HOME >>> 婚約指輪/婚約指輪

婚約指輪&結婚指輪

とっても基本的なことですが、このページでは婚約指輪と結婚指輪についての基本説明を紹介します。 説明しなくても全部知ってるという方はもちろん読み飛ばし可です。でも復習しとくのも悪くないですよ?

婚約指輪

『婚約指輪』は別名「エンゲージリング」とも呼ばれています。一般的にエンゲージリングは、男女が結婚を決めた時に 「二人の気持ちの象徴」として男性側から女性側に贈られます。また、婚約指輪をはめる指は日本では左手の薬指になります。 最近では指輪をはめること自体あまり好ましいと思わない方や、仕事柄指輪などの貴金属をはめることができない方の場合は、指輪ではなくペンダントやピアスを贈る事もケースもあるようですね。基本的にエンゲージリングは誕生石などの「石」を入れた物が主流ですが、日本においてはやはり「ダイアモンド」を入れた指輪にする場合が殆どです。

ダイヤモンドを選ぶ理由

無色透明であるダイアモンドは、「清純無垢(pure)」を意味していて、さらに世界一固い鉱物であることから「変わらぬ気持ち=永遠の愛 」の 象徴とされているので、指輪につける宝石の代名詞とも言えるまでの地位を築いています。またダイヤモンドが全ての鉱物の中で最も光をよく 反射し、ダイアモンドだけが放つ素晴らしい輝きが魅力的なのも理由の一つと言えるでしょう。 魅力的な宝石「ダイアモンド」ですが、何時の世もついてまわるはお金の問題・・・。用意するにはそれなりの金額が必要になりますし、 指輪を贈られる女性側が、「そもそもエンゲージリングは普段使うものではないし大切な人に負担をかけるのも悪い」と気後れするケースも少なくないようです。エンゲージリングの予算の相場は、一般的には給料の3ヶ月分と昔から言われていますが、この定着したイメージがダイアモンド購入にストップをかける要因の一つになっています。が、しかし、結論から言うとこのイメージは間違い。婚約指輪を選ぶ時点で、ダイアモンドにこだわる必要はありません。そんなことは全然関係ないんです。男性側に無理がない程度で、なおかつ女性側に気を遣わなくて済むくらいのもので充分なんです。一番大切なのは 指輪を贈る側と贈られる側、両者の気持ちなんですから。結婚は正に新しい門出、新生活のはじまりです。その新生活のスタート時点で無理をしても今半になってバテてしまいます。いいことなんか一つもありません。確かに、「無理のない程度で、なおかつ気を遣わずに済む程度」というのは一番わかりずらいものです。そこで一般的な婚約指輪/結婚指輪の相場として、予算は大体15万円前後というのが一般的であることを覚えておきましょう。

結婚指輪

結婚指輪は別名「マリッジリング」とも呼ばれています。一般的に結婚指輪は、結婚をした夫婦が「二人が一つになる象徴」として、男性と女性がひとつずつはめる指輪の事です。日本ではお互い左手の薬指に付けることになっています。なぜ左手の薬指に指輪をはめるのかというと、左手の薬指は「聖なる誓い」という意味が込められているからです。しかし世界の国や宗教の違いによっては右手の薬指にはめるパターンもあるみたいなので、国際結婚を考えている方はパートナーのお国柄や宗教規則を調べておくことをおススメします。この結婚指輪も婚約指輪と同じように、指輪の装着を好まない方や仕事の都合上はめることができないケースも考慮されて、お揃いのペンダントや時計を付ける事も珍しくないようです。なにもリングにこだわる必要はないんですね。日本での結婚指輪:マリッジリングの歴史はまだまだ浅く、欧米の文化が生活の中に入ってきてからが始まった風習で、 実際につける人が増えたのは今から約43年前、昭和40年頃からと言われています。 基本的にマリッジリングには「サファイヤ」や「ブルーダイヤ」などの「青い宝石(サムシングブルー)」を埋め込む事が一般的とされており、「青い宝石」が「花嫁の純潔と清らかさ』」を表すことからこのサムシングブルーの風習が広まっています。また青色は「幸せを呼ぶ色」とも言い伝えられており、指輪の内側に青色を刻んだり、ブーケの中にさりげなく青い花を入れたりしますが、日本では「ダイアモンド」を入れるけーすのほうが多いみたいですね。結婚指輪の素材として多く使われているのは「プラチナ」、「ゴールド」などの貴金属。近年ではリングの種類やデザインが増えて、実に多種多様なマリッジリングが登場しています。各有名ブランドからもブライダルラインがファッションリングとは別の形で発表されているほどです。マリッジリングのデザインには特に決まりらしいものはなく、第三者から見た場合指輪をはめる場所からその指輪がマリッジリングなのかどうか 判断する事は可能でも、指にはめられていないリングだけを見て結婚指輪なのかどうかを判別するのはかなり困難となっています。 さて、結婚指輪の気になる価格ですが、平均相場は毎年それほど変動はなく、約18万円前後くらいが相場となっており、10〜20万円未満で揃えるカップルが過半数を占めています。女性は結婚情報誌などの雑誌を見て結婚指輪の情報収集を事前にリサーチするのに対し、男性はインターネットを使って調べている方達が多く、やはりというか結婚・ブライダルに強い興味を持つのは女性のようで、女性が雑誌の写真から気に入った指輪をピックアップして、男性がピックアップした指輪を扱うショップのHPを検索して詳細をリサーチする・・・といったコンビネーションが理想的といったところでしょうか。どういった方法で指輪を選ぶにせよ、一生に一度の贈り物である婚約指輪/結婚指輪。十分な知識を身につけて納得のいくものを選ぶ事が大事です。
| HOME | SITEMAP | LINK | ページの先頭へ |
Copyright(C)2008 happy-ring. All Rights Reserved.